いつかフォアグラが食べたい

常になにかに追われるもの。

悲しみを忘れない

私はネガティブな性格で悲しいことをなかなか忘れられない。

根に持つタイプなのかもしれない。

悔しくて悲しくて、後悔してばかりだ。

人生では嬉しいことと悲しいことの割合だと、嬉しいことの方が忘れやすいとさえ思う。

 

それなのに、過去ばかりをみてしまう。

あのころはよかった

あのときはこうだった

ああしとけばよかった

いつもいつも私は後出しの軌道修正しかできない。

軌道修正さえできないことも多い。

 

そして夢を見る。

怖い夢を見る。

津波の夢をよく見る。

懐かしい家族の夢を見る。

そしてそんなときは必ず目が覚めたときに泣く。

家族がいつか死んでしまうことを考えてしまうのだ。

 

 

 

過去を振り返ってばかりだ。

未来を見なければならないのに

未来の道は過去への軌道修正ばかり考えている

あのとき後悔したから次はできるようになるための準備期間と。

そういうことばかり考えている

過去の人間関係ばかりを比べてしまう

現実を見ないようにしてしまう

 

こんなこと、誰に相談すればいいのかわからない。

この世のありとあらゆる物事が、過去の悲しみと未来への悲しみでいっぱいになってしまうなら

苦しいだけの人生なのではないかと思ってしまった。

 

 

悲しみを忘れない。

 

これだけが、私にはあまりにも苦しい