いつかフォアグラが食べたい

ブログ初心者の大学四年生です。しろたん好き。常になにかに追われるもの。

いろんな会社がありますなぁ。by就活生

こんにちは。

最近の私の原動力は、『頑張っている自分、偉い』と思うことです。

頑張っている自分が好きなんだと思います。

頑張っているというか、比較的真面目に物事に取り組んでいることでしょうか。

 

基本的にぐうたらで、しかし、なにかをしていないと自己嫌悪に陥る面倒な性格だったので。

 

奇跡的に選考時期が早い業界を志望していて良かったです。多分この集中力は続かなさそう。

 

そして昨日と今日の報告を。

昨日はある企業の面接でした。

学生2人での面接だったのですが、もう一人が自己紹介の際に、セリフが飛んでしまったみたいで、私的には少し余裕が出ました笑(他人の不幸は蜜タイプ)

特にミスもせず、30分ほどで終わりました。

 

そのあとは大学の四年生の先輩の卒業パーティーに参加しました。

スーツのままの参加だったので、夜に帰ってみると足の小指が赤茶色に変色、小指の向きが変形していました。

いやー、怖いですね。別にサイズがあってない訳ではないんですよ。

ただ、底が少し薄くて足が痛いのと、ヒールでの長距離歩行に慣れてないせいかな?

 

twitterで拡散されていた言葉に、「就活において女子はヒール必須なのは男女差別なのでは?」的な発言が見られました。

 

一日中歩き回らなければならない就職活動に、女性らしい見た目を求めるヒール3〜5センチの靴が必須であるのはおかしい!という話です。

あと、中高時代まで化粧は禁止!という風潮の中、就活においては化粧はマナー!となることについて疑問視する声も。たしかにたしかに。

 

将来的にお化粧がマナーになるなら、中高時代の時から化粧について教えてくれればいいのでは?という意見がありました。

私も化粧禁止じゃない風潮があったら、高校時代、眉を全剃りで生活していなかったのかな…(当時はそれがかっこいいと思っていました)

 

 

それともう一つ説明会の話。

今日見てきた説明会の会社は、規模も事業内容も素晴らしいところでした。

説明会の中盤の休憩中、渡されたアンケートの「選考を希望しますか?」という欄に、「選考を希望する」とわくわくしながらチェックをつけました。

 

そして、休憩が終わると、社員三人と座談会が始まります。

しかし、そこに現れた社員が三人ともかなりのゴーイングマイウェイ系の人たちでした。(男女含む)

ほんとに、いままで座談会とかで出会ったことないタイプの社員さんで、いろんな意味で圧倒されました。

 

仕事はかなりできそうなんですけど、、、なんというか、ぶっきらぼうな感じがしました。

 

質問に対して一言で答えて終わりだったり、

話し言葉が全部タメ口のオンパレードだったり。(〜〜じゃん?とかめっちゃ使ってました。)

 

そのタメ口の社員さん曰く、

 

会社の人は友達と思っていないのでオンオフの切り替えが素早くできると言っていたのですが、

私たち学生もあなたの友達じゃないのでタメ口はやめてほしいです、と素直に思いました。笑(めっちゃ失礼でごめんなさい)

 

実際学生もみんな固まってしまい、座談会なのになかなか誰も質問をしないので場が凍りついていました。

最初の人にはみんなこぞって質問していたのに、段々社員さんの雰囲気を読み取って遠慮しはじめてました。若干引き気味。

 

 

あまり楽しく学生と話そうという雰囲気が社員さんからは感じられず(それが社員さんなりの交流の仕方なのかもしれませんが)

私には合わないなぁ、、と思ってしまいました。

 

座談会が終わったあと、席に戻ってアンケートの先ほどの選考希望欄の「選考を希望する」に訂正線を引き、

「検討中」にチェックを付け直して帰宅しました。

社員さんの雰囲気って大事ですよね。

 

 

いや、でも事業としてはとても良かったので、もっと社員さんと交流してから決めるべきですよね。難しいなぁ。