読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかフォアグラが食べたい

ブログ初心者の就活生です。しろたん好き。常になにかに追われるもの。

飛んで火に入る就活生

就活報告

こんばんは!結構久しぶりになってしまいました!

就活の記録はきちんとすることは決めていたので、3日前のインターンの話から始めます。

 

財閥の名前がつく企業のインターンに行って来たのですが、やはり財閥の名前がついているからか、、、

 

就活情報解禁前にインターンに飛びついた就活生達の巣窟でした。笑

 

そして学歴が高い!

失礼ながら、学歴が高いゆえにこういう名前のありそうな企業に来るのかな?と思いました。

いままで私が参加したインターンはあまり著名な大学名(早慶レベル)がいなかったので…

 

 

みんな飛びつくところは同じなんだなぁ、と感心してしまいました。

 

そこでふと思い出したのは、『ドラゴン桜』の作者、三田紀房さんの某投資漫画。

その投資漫画では、高校で投資部という特別な部活に入部した主人公が、投資の才能を発揮する話なのですが、その中である就活中の女子大生が登場します。

 

投資を始めた妹に、「企業研究を兼ねて投資始めれば?」と進められ、投資を始めることになります。

投資は企業の業績や仕事内容が分かるので、企業選びの際には有効です。

 

その女子大生は、企業分析を兼ねて投資を始めていきます。

 

その際、参加した就職セミナーで、

 

『ほとんどの人は、わけのわからない状態で、よく調べもせずに、とりあえず名前の知っている大企業を受け、ことごとく落とされる。それなら始めから練習がてら中小企業を狙い、研究をしてから大企業を受けるべき』

 

のようなことを言われます。

 

たしかに、私も就活を始めた時は、見ていた会社は大企業ばかりで、

中小企業などまったく目にも止めませんでした。

 

そのようなこともあって、名前が有名な会社は、地方民も含めてみんな真っ先に選考を受けるのかなと思いました。

 

 

あと、関係ありませんが自己紹介で、

 

慶應ですが内部出身です』

『早稲田ですが指定校推薦です』

 

と自分の学歴や経験に自信なさげな人もたくさん…。

 みんな絶対私よりいろんな人に出会っていろんな経験をしてるはずなんだから自信持って欲しい!(そういう私も自信が欲しい)

 

 

インターンの内容自体は盛りだくさんって感じでした。

しかし、予定のプログラム時間180分を30分以上超過し、それはどうなんだろう…と思ってしまいました。

午後から他の予定が入っていた人が多くて、皆そわそわした雰囲気が充満していました。

 

仕方がないにしても30分超過は行き過ぎだ〜〜!

しかし、この超過に対して、説明会や選考情報などは一切なしでした。

まぁ、これが本来のインターンですよね。笑

 

 

しかし、この企業をもって私のインターンは全て終わりです。

 

いよいよ就活情報が三月から解禁ですね。

意外にあっさりだよ!ということを信じています。笑