読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかフォアグラが食べたい

ブログ初心者の就活生です。しろたん好き。常になにかに追われるもの。

学歴コンプの先②

こんばんは。

 

さてさてさっそく昨日話していたインターンのですが、グループのメンバーは8人、総勢40人くらいいました。

 

その中のうち、2人組の男の子は友達同士で参加をしたみたいで、隣同士で座って話をしていました。(誰でも申し込める先着順のインターンだったので)

 

いやー、しかし、そのうちの片方の男がひたすら寝る。

インターンが始まって数分で寝る。ひたすら寝る。たまに起きてスマホでLINEを返す。

 

なんなんだ、この男は。ここは大学じゃねーんだぞ、と。

 

  

 

私は昔からある程度、一般常識を持っているつもりだし、なにより他人の目がとても気になるタイプです。

 

コンビニでも店員さんにはありがとうございますを欠かさないし、優先席は空いていても、なるべく座らないようにしますし、座ったとしてもスマホは注意されるのが怖くて触れません。

 

 

 

多分、その男は私とタイプが全く違う人なんだろうなぁと思いました。

結局彼は基本寝るかスマホをいじるかしかしてませんでしたね。

 

 

そこの企業は交通費も昼食も提供してくれたんだけど、この人にも支給するの、、?と素直に思いました。

 

 

さて、それとは別に、インターン先の自己紹介でたまに聞いたりするのって、「出身大学」じゃないでしょうか。

 

私もたくさん聞かれました。みなさん話題作りのためかよくききますね。

 

ちなみに私の大学は良くもなく悪くもなくレベルの大学です。いわゆるMARCHくらいです。

 

でも私の周りでは、同じグループの中に例えば早稲田大学の人がいたりすると、

早稲田大学かぁ〜〜俺も受けたけど落ちたんだよなぁ〜〜🙉」と、なぜか早稲田落ちアピールをする人がたくさんいる気がしました。笑

 

自分の大学に自信を持っている人ってすごく少ないなぁと感じました。

もちろん私もその1人。正直に言って胸を張って自慢できる大学ではないと思います。

自分に自信が無いのは、第1志望じゃない中堅レベルの大学に入ってしまったからだ…と思っていました。

早慶レベルの人の話を聞くと胸が苦しくなり、あの時第1志望の大学に受かっていれば…と考えて悩んでいました。

 

でも今回のインターンはふと、早慶出身の人の話を聞いて意識はしても、いつもの自己嫌悪に陥っていないことに気付きました。

 

隣の人が「早稲田落ちだった〜〜」や「さすが早稲田」と事あるごとに早稲田大学生を褒め称えるのを聞いて、

「ああ、この人は学歴にコンプレックスを感じているのかな?」と思いました。

 

なんだか少し前の自分もこんな感じだった、逆に今はなんでこんなに冷静になっていられるんだろう?

 

と考え始めてしまいました。

 

見聞を広げていくうちに、

「人間性に学歴は関係ない」ということを学んだのかなぁと思いました。

 

勉強は出来なくても仕事はとてもできて、考え方がかっこよくって憧れの人、

勉強は出来ても性格がめっちゃ悪くてプライドだけが高い人、

 

大学は勉強ができれば入れるところ。勉強が苦手でも素晴らしい人はたくさんいるし、その人の価値は頭の良さだけでは測れないなぁと。

 

いろんな人がいることを知って、私の学歴コンプレックスは無意識に解消されていたことに気付きました。

 

人について、考え方について悩み続けた結果なんだなぁと思いました。悩み続けた結果がふとした時に、無意識に効果を発揮してくれたことに感動しました。

 

そう言ったことを気づかせてくれた今回のインターンは、内容はともかくいい経験になったと思います。

 

まとまりがなくなっちゃってごめんなさい。

これからもいろんな人とお話ししていろんなことを感じられるといいなぁ。

今日は自分の学歴コンプが軽減されたことを知っただけで、自分的には100点ということにしておきます。

 

明日は久々のオフなのでゆっくり休みます。勉強と読書もするぞー!

 

おやすみなさい!