いつかフォアグラが食べたい

しろたん好き。常になにかに追われるもの。

何かしなきゃと思ってバンジージャンプしたくなった

こんにちは!

明日提出しなければならないレポートがまだ完成しておりません。昨晩もその前の晩も遅くまで作業しておりました。

 

「こんなに苦労するなら、あらかじめこつこつやっておけばよかった…」

 

といつも後悔するのですがなかなか行動に移せません。良くないことです。

そんな最中、突然高校時代の友人Sから、

 

「Y(高校時代の友人の1人)も誘って3人で会おう」と連絡が来ました。

 

私は実はまだこの連絡に対して返事をしておりません。

連絡をしてくれたSと、友人のYとは高校1年からの長い付き合いで、よく3人で一緒に遊んだものです。親友と言ってもいいのではないでしょうか。(言わないけど)

私は2人を心の底から尊敬してますし、とても大好きです。一生友達でいたいです。

 

しかしなかなかすぐに「行く!」と言えません。

なぜかというと、高校時代の友人Sは最近大学の奨学金で、兼ねてから念願のオーストラリアへの長期留学が決定したばかり。

はたまた友人Yは、高校時代からかなりの努力家の才色兼備な子でした。トップクラスの国立大に進学し、はたまたSNSからは海外や国内様々な旅行先の写真が流れて来ます。

 

3人で仲が良かったのになにもしていないのは私だけだったのかな、と。

自分の劣等感のため、夢に向かって努力し、充実した2人に会って話をすることが怖いと思っております。

 

もちろん、2人にはそれぞれ自分にしか分からない苦悩や劣等感があるのだと思いますし、

私に対して見下すようなことを考えるような子たちでもないのは分かっています。

 

でもやっぱり行くのが怖いんですよねえ!笑

 

 

Googleで検索してしまいました。

「友達 会いたくない 劣等感」

 

検索で出てくるどこのホームページにも

 

「劣等感を感じて友達に会いたくないことはあると思いますが、会ったほうが後悔しません」

 

と書いてありました。

 

 

分かってます、分かってるんだけど、

でも会うのが怖い。

 

1対1ならまだしも、人生が充実しているような大親友2人だから余計にです。

 

するとネットに、

 

「自分を変えるためにバンジージャンプしました!」

 

という記事が載っていました。

 

バンジージャンプなんてめっちゃ怖いけど経験したら自分に自信がつくかも…!?)

 

ちなみに私、絶叫系は苦手ではないけれど得意ではないタイプです。ディズニーアトラクションレベルは平気だけど富士急ハイランドレベルはビビるタイプです。

 

しかし安直な私はバンジージャンプで人生が変わることを信じ、

春休み中に絶対バンジージャンプを経験することを心に決めて、その友人2人に会う事に決めました。👏

 

 

 

バンジージャンプの経験なんてもしかしたらESに書けるかもしれないしね!

 

 

 

やはりこれが本音です。

 

 

心から本当にやりたいと思うことを早く見つけたいなぁ。

日々模索中です。