いつかフォアグラが食べたい

しろたん好き。常になにかに追われるもの。

「見世物小屋」とか「サーカス」の恐怖と好奇心

今日はいつもの考え事のお話。

私はいわゆる文豪と呼ばれる人では夢野久作江戸川乱歩谷崎潤一郎など「ちょっと変わった性癖を持っていそうな人」が好きです。なんとなくですが。とりあえず、ミステリー大好きです!

 

耽美な世界観、人間の欲望に焦点を当てた題材が好きです。

あまり読書のジャンルが広いわけではないのですが、最近人気のちょっとダークな作風の作家さんとかよりもダイレクトに人間の欲望や理想に忠実で、どろどろしていていいなと思います。(抽象的ですみません)

私ってもしかしてエログロのジャンルが好きなのかな?と思って新堂冬樹のある一冊を読みましたが、全然違いました。笑

私はエログロが好きなわけではありません。

 

 

そのような関連ですが、そういった時代の作品、なんとなく耳にする「見世物小屋」について。

 

日本では江戸から昭和にかけて見世物小屋というものが発達して、異形の者、珍獣などが芸をしたりして見物料を得ていました。サーカスですね。

西欧でもサーカスは様々なパフォーマンスを行なっていましたし、びっくりしてしまう芸もたくさんあったみたいです。

私は実際に日本の見世物小屋で働いていた人のWikipediaであったり、ネットにあがっている90年代のサーカス劇団員のパフォーマンス写真をみて、、、、、、、言葉を、、、失いました、、、、、。

 

 

湧き出た感情は、「恐怖」でした。

 

決して差別的な意味合いなわけではありません。

私はこのように見世物小屋の文化が世界的に存在し、隆興していた事実を、サーカスいっぱいに観客が入って奇妙なパフォーマンスに沸いている写真をみて、

 

人の「怖いもの見たさ」って怖いなぁと思いました。

 

やはり現在はSNSの普及などでわざわざサーカスに入団せずともyoutubeなどで奇異なパフォーマンス(例えば私が好きな某youtuberの如くニベアクリームでいっぱいのお風呂に入ったり)はできますし、サーカス自体が多少廃れたとしても、非日常的な怖いもの見たさでハマる人はいっぱいいるのだろうなぁと。

 

 

あと個人的にはシロクマとかクマとかが普通にボールに乗ってたり、人間と芸をしていたりが見ていてヒヤヒヤする。心臓に悪い。(関係ないけどクマ、怖すぎて怖すぎて本当に苦手です。小学生の頃宿泊学習で那須高原に泊まり、地元の猟師の方から聞いたクマによる殺人事件の話が未だにトラウマです。クマだけど。)

 

 

私は小学校1年生の時、某有名サーカスに連れていってもらったことがあります。

当時から、サーカスに行くと決まった時点で終始「恐怖」を感じていました。

家にディズニー映画の「ダンボ」があり、そのサーカスの場面がトラウマだったからかもしれません。

また、普段はなにもない大きな駐車場にいきなり巨大なサーカス小屋ができていたことにも、幼心に恐怖を感じました。

あまり内容について覚えてはいませんが、入り口にいたピンク色のプードルがとてもおとなしかったこと、司会進行のお兄さんはピエロではなくとてもほっとしたことは印象にあります。

 

 

だらだらとすみませんでした。

結論から言いますと、平和ボケした私にとっての恐怖は「非日常的」なものです。

しかし誰もが「非日常」を求める人間的本能が潜在しているのもまた事実なのではないのかな?と思いました。

おやすみなさい。(すごく暑いけど布団を被ってガタガタしています)

 

 

 

私にとっての刺激物

日曜、月曜、火曜と布団から起き上がることができませんでした。

私はうつ病の自覚はないのですが、うつ病と診断された経験が二回あるので、もしかしてうつ病の素質はあるのかもしれません。

諦めて、夜に眠ろうと目を閉じると、3日間勉強を一切しなかった焦りと自己嫌悪に苛まれ、動悸がとまらず落ち着かなかったため、お医者さまから処方された抗不安薬を飲んで眠りました。

心臓の音は苦手です。どくんどくんと脈打つ衝撃は意外にも大きく、呼吸が苦しい。

 

しかし、朝起きて、朝ごはんを久しぶりにしっかり食べて学校に行くと、16時前まで休みながらもちゃんと勉強をすることができました。

薬は毎日飲むことに抵抗があるのですが、やはりお薬は不安を抑えて邪念を払ってくれるのか、いつもより集中することができました。よかった。

 

 

話は変わりますが、

 

私は刺激物が苦手です。

コーヒーを飲むと必ずお腹を壊します。

 

3歳児の頃、祖母に育てられた私は祖母がブレイクタイムに飲む甘いコーヒーが好きでした。また、牛乳屋さんが家に届けてくれる瓶に入ったあまいコーヒー牛乳の虜でした。

毎日それを飲むのが好きでした。

 

 

当時はあれほど好きだったコーヒーがなぜか不安障害の症状が出るとともに、飲めなくなった。

飲むとお腹を壊すので、飲むのを敬遠するようになりました。

お腹だけではなく、動悸がとまらず、冷や汗が出たり、利尿作用が半端じゃなく出たり。

 

コーヒーと同じくらい酷いのが、アルコールです。

アルコールを飲むとコーヒーを飲んだ時と同じようになります。コーヒーよりもトイレの回数は多くなるかな?

刺激物にめっぽう弱い身体です。

改善方法とかってあるのかな?

知っている方いらっしゃったら教えて欲しいです。

 

コーヒーもアルコールも好きなので、人前でも飲めるようになりたい。

アルコールは特に体質の問題もあると思いますが、、、コーヒーなどはたくさん飲むとなれますかね?

 

 

という独り言でした。

 

常に何かに追われるもの

常に何かに追われる病、がまた再発しました。

就活が終わってひと段落

欲しいものが買えて趣味充実

あとはやることをやる!卒業するだけ!残りの大学生活、ハッピーエンジョイ!なんて私の面倒な性格においては実現しませんでした。

 

何もやることがなくて暇な時でも、

「あの子はあんなに充実してて毎日忙しくしている。私も何かしなきゃ」

 

やるべきことがあり、それでもなかなかできないときは

「私は全然なにもできていない、試験も卒論ももう少しで期限なのに。でもそう思うとさらに勉強できない」

 

あの子はあの子、今日はダメな日、と切り替えることがコツだよ!

でも、それがなかなか難しい。

 

『毎日これをやる。』

できなかったら、自分を責める。

自分を責めると、自分はそれだけ傷つきます。

『責められるくらいならなにもしたくない』

それは逃げです。分かっています。

それでも、できない。

 

 

逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ、と命の危機ではありませんがそう思います。

 

 

 

 

ハッピーエンジョイ、何もかも忘れて自由になれ。

私には名誉も虚栄もいらない。

 

 

そうは言っても金は必要。

 

金を得るためにはなにをする?

それは労働。

 

労働のためにはなにがいる?

 

やるべきことを、やる能力。

 

 

私は常に何かに追われている。

自分自身へのプレッシャーに。